PROJECTディテール

東京フロンティア
(世界都市博覧会) 1995

カテゴリー

  • 展示会・イベント

スコープ

  • その他
  • ランドスケープ

竣工年

  • 1995

ロケーション

  • 日本

プロジェクトチーム

  • 東京

Client : 東京フロンティア協会
Design : 伊東豊雄建築設計事務所、栗生明+栗生総合計画事務所、石井和紘建築研究所、山本理顕設計工場ほか


東京都の臨海副都心で1996年3月~10月にかけての204日間、東京フロンティアと命名された世界都市博覧会が開催される予定であった。都市プランナーや気鋭の建築家たちで構成されたデザインチームに私たちも照明デザイナーとして招聘され、都市照明の実験的手法を自由に提案した。
しかし、この博覧会はバブル経済の破綻に伴い、開催直前で苦渋の中止決断が下された。私たちは仮設性「テンポラリー」をテーマとして、一過性の高い照明デザインが都市に与える新しい表情の数々を開発したが、それらは今でも新鮮さを保って私たちのデザインストックとなっている。