PROJECTディテール

大館樹海ドームパーク 1997

カテゴリー

  • スポーツ施設

スコープ

  • ファサード
  • インテリア

竣工年

  • 1997

ロケーション

  • 日本

プロジェクトチーム

  • 東京

Client : 大館市
Design : 伊東豊雄建築設計事務所


美しい流線形をした真っ白なドームが無垢な自然の中に忽然と建設された。60年以上の樹齢をもつ秋田杉25,000本を使用した日本で最大の木造ドームだ。長径178m、高さ52m、観客席は5,040席。主に野球やサッカーなどのスポーツ競技利用が主体だが、コンサートなどのイベントにも多目的に対応する。夜間のドーム外観が地域のランドマークにもなるように、透過率の高い2重のテフロン膜への照明実験を重ね、膜面で平均5cd/㎡の輝度を与えるように計画した。内幕を照射する投光器の光軸を慎重に調整し、省エネで高効率な外観照明を実現した。