PROJECTディテール

CapitaGreen 2015

カテゴリー

  • オフィスビル

スコープ

  • ファサード
  • ランドスケープ
  • インテリア

竣工年

  • 2015

ロケーション

  • シンガポール

プロジェクトチーム

  • 東京
  • シンガポール

Client : CapitaLand Commercial Limited
Design : 伊東豊雄建築設計事務所


  金融街に建つオフィスビル。都会にビルを増やすことで緑も増やすという発想のもと、外観の半分以上を植栽が包み込む特徴的な建築である。照明はその緑をエレガントに浮かび上がらせることをコンセプトとした。ファサードを覆う植栽帯に対する照明の色温度は、地階から最上階まで、電球色から白色のグラデーションとした。搭頂部には赤と白の花びらをもつ吸気口が突き出しており、スカイテラスの低温の空気が全オフィスに供給される。この象徴的な形をアップライトすることで夜空に浮かび上がらせた。呼吸をする植物のようなこの建築を表現するため、ファサード照明もゆっくり明滅するよう制御を行っている。