PROJECTディテール

ヒルトンニセコビレッジ 2008

カテゴリー

  • ホテル・ホスピタリティ施設

スコープ

  • インテリア

竣工年

  • 2008

ロケーション

  • 日本

プロジェクトチーム

  • 東京

Client : シティグループ・プリンシパル・インベストメンツ・ジャパン
Design : 橋本夕紀夫デザインスタジオ、丹青社


世界有数のパウダースノーに恵まれたリゾート地として有名なニセコに、ホテルの名称を一新してリニューアルオープンした、499室の客室をもつホテルである。雄大な自然に囲まれたこのホテルでのコンセプトは、温かみのある素材感と、自然なリズムを感じることのできる光と影のバランスである。
ロビーでは既存の列柱を生かしながら、中央に計画された吊り暖炉のあかりがリゾート施設としての象徴的な空間を演出している。中央に導かれるように陰影をリズミカルに配置することで、円形状に光のレイヤーをつくり出した。