PROJECTディテール

インターコンチネンタルホテル
大阪 2013

カテゴリー

  • ホテル・ホスピタリティ施設

スコープ

  • インテリア

竣工年

  • 2013

ロケーション

  • 日本

プロジェクトチーム

  • 東京

ClientNTT 都市開発・三菱地所他10社
Design日建設計・Bilkey Llinas Design・橋本夕紀夫デザインスタジオ・イリア


大阪駅の北地区にある、「コンテンポラリーラグジュアリー」をコンセプトにした、サービスレジデンスを含むタワー型ホテル施設である。エントランスから客室まで、さまざまな光のおもてなしを実現した。眺望を生かした20階のロビーやレストランフロアでは眩しさを抑えた照明計画を行い、ガラスへの映り込みを最小限に抑えることで、大阪の夜景が堪能できる光環境を創出した。2階にある2層吹き抜けのチャペルでは、シェル形状の連続した間接照明が新郎新婦の新しい門出を演出する。