PROJECTディテール

香港ICC 2008

カテゴリー

  • 大規模複合施設

スコープ

  • ファサード
  • ランドスケープ
  • インテリア

竣工年

  • 2008

ロケーション

  • 香港

プロジェクトチーム

  • 東京

Client : Sun Hung Kai Properties
Design : Kohn Pedersen Fox Associates, Wong & Ouyang, Benoy Architects


西九龍に建てられた地上484mのこのタワーは、現在、香港で最も高い超高層ビルである。対岸に位置する香港島のIFC Towerと共に、ビクトリアハーバーの景観の中で、香港を代表するランドマークとなっている。ドラゴンをモチーフにしたファサードではLEDライン照明を重なり合うカーテンウォールのギャップに納め、さまざまなシーンのプログラムを可能にしている。洗練された香港の新たな夜景の顔となるよう、ダイアナミックでエレガントな照明デザインを行った。また、オフィスロビーでは、ダイナミックな空間の構成要素をハイライトし、機能と空間美が融合されるように照明デザインを行った。