PROJECTディテール

ION Orchard 2009

カテゴリー

  • 商業施設

スコープ

  • ファサード
  • インテリア

竣工年

  • 2009

ロケーション

  • シンガポール

プロジェクトチーム

  • シンガポール

Client : Orchard Turn Developments
Design : Benoy Architects, RSP Architects Planners & Engineers (Pte) Ltd


シンガポールで有名なショッピングストリートの一等地に建てられた複合商業施設。商業の顔となるボディウムは、迫力のある有機的な曲面のガラスファサードとなっており、夜になるとそこに地元のアーティストのメディアアートが映し出される。室内外の眺めを保ちながらも映像を美しく表現するため、ガラスファサードのルーバーとそこに組み込んだLEDについて、その配置やディテールを、実験を重ねながら検討した。大きなキャンバスがもつ迫力とは裏腹に、ゆっくりと優しい自然現象などを表現し、アーティスティックで洗練されたオーチャードの顔をつくることを提案した。