PROJECTディテール

セント レジス ホテル 大阪 2010

カテゴリー

  • ホテル・ホスピタリティ施設

スコープ

  • インテリア

竣工年

  • 2010

ロケーション

  • 日本

プロジェクトチーム

  • 東京

Client : 積水ハウス
Design : 日建設計、グラマラス、GA Design International


16世紀後半に大阪で開花した「安土桃山文化の美」をコンセプトに設計された、スターウッドホテルの最高級ブランド「セント レジス」の日本進出第1号である。安土桃山の華麗で豪壮な美を、光と豊かな陰影で表現した。インテリアの要素への光の組み込み方や意匠照明にも細やかな検討を重ね、控えめな光で空間を柔らかく包み込んでいる。快適性を追求するため、最適な明るさのバランス、光源の選定、ディテールの検証、調光レベルなどにも気を配り、セント レジスブランドらしい「邸宅に招かれたような世界観」を実現させた。