PROJECTディテール

Peranakan Museum 2008

カテゴリー

  • 美術館・博物館・展示施設

スコープ

  • インテリア

竣工年

  • 2008

ロケーション

  • シンガポール

プロジェクトチーム

  • 東京

Client : National Heritage Board
Design : W Architects Pte Ltd


まるでその時代の空気を感じるように、ペラナカンの暮らしの温もりを表現したい。建築家の思いだった。部屋と部屋を渡り歩くかのように設定された展示空間には、人の気配や時間の移り変わりを感じられる光を提案した。 部分的に人感センサーを取り入れ、美術品の保護にも配慮しながら、意図的な明るさの変化をつくっている。