news新着情報

展覧会inパリ October . 25 . 2017

Exhibition in Paris

The Future of Urban Lighting – Eight visions from Masters of Light


パリで行われるPLDC(Professional Lighting Design Convention)にて、『The Future of Urban Lighting – Eight visions from Masters of Light』と題した展覧会に8つの光のマスターの一つとして出展いたします。”

 

場所:
Zumtobel Thorn showroom
10 rue d‘Uzès, 75002 Paris


会期: 10月30日-11月4日(午前9時―午後8時

 

また、10月31日19時には同ショールームにて面出がトークイベントに登壇いたします。 お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。詳しくは展覧会の概要をご覧ください。

 

以下、展覧会から抜粋です。

LEDの出現とデジタル調光制御技術の進化は今、私たちの生活情景を大きく変化させようとしています。それと同時に世界中に多発する自然災害や地球環境の変化、原子力災害などは、電力消費と照明デザインのあり方に真摯な議論を呼んでいます。際限なく進化する光学技術は、利便性と共に新たな光や影のデザインと出会う楽しさを私たちに与えてくれます。
しかしその陰で、サーカディアンリズムに変調をきたし、光害を生み、過剰に刺激的な光環境も少なくありません。未来を語るとき、人々と光との関わりには楽観論と悲観論の双方が混じり合っているのです。照明デザインは「光と人々との素晴らしい未来」をどのように創造できるのでしょうか。私たちは2050年にどのような光環境を期待すべきなのでしょうか。

「都市照明の未来」というタイトルのこの展覧会において、私たちが語り合うべきは技術の未来像のみではありません。むしろ大切なことは、私たちの望む未来の形です。
未来の都市照明はどうあるべきなのか。私たちの強い意志の上に日々革新する技術が生かされることを望みます。「技術と意志」の両方が輝かしい未来の夜景を創りだすのです。

私たちはTokyo, Singapore, Hong Kong, の3都市にオフィスを持つアジアを代表する照明デザイン会社です。この展覧会ではアジアの都市固有の課題も含めて7種類のテーマに分類した21の未来像を提案します。私たちの勝手な未来像にどれだけの同意が得られるか解らなりませんが、あなたとの対話のきっかけになれば幸いです。

 

面出薫+Lighting Planners Associates